ヤフオク!1円出品のメリットとデメリット

ここでは、ヤフーオークションの出品で【1円出品】をする、メリットとリスクについて説明いたします。1円出品はより多くの注目を集めたり、商品の回転率を上げるのに非常に効率の良い出品方法ですが、その分リスクを伴います。その辺を踏まえてより詳しくせつみいたします。

1円出品のメリット1

ヤフオク1円出品の特徴

ヤフーオークションは1円から出品することが出来ます。もちろん【即決】ではなく【オークション形式】にて出品します。【1円】と言う響きに連れられて多くのヤフオクユーザーが1円出品を見に来ますので【入札される確率】が非常に高くなります。ここでは、その【1円出品】の特徴をご紹介していきます。

ヤフオク1円出品とは?

上記でも触れた通り、ヤフーオークションは1円から出品することが出来ます。一人しか入札が無ければもちろん1円で売らなければなりません。2人入札者がいても11円で落札されることもあります。その話を聞くだけでもデメリットしか無さそうですが、1円出品ならではの恩恵もありますので、詳しく説明していきましょう。

ヤフオク1円出品のメリット

一番のメリットはオプションを使わずとも注目されるので多くのヤフオクユーザーが貴方の1円出品アイテムを見に来ます。多くのユーザーを集められると言う事は、あなたの商品リストも多くみられる機会があると言う事です。つまり、1円出品の最大のメリットは『販売促進効果』があると言う事です。もちろんその他にも、ほぼ間違いなく入札されるので商品回転率が良くなり、キャッシュフローが良くなります。ヤフオクユーザー同士で競ってくれれば思わぬ高値になる事もあります。また、在庫処分のために1円出品をしたり、おまけでタダで貰ったものを1円出品で消化することもできます。【販促効果】もあるので一石二鳥の出品方法になります。

ヤフオク1円出品のリスク

1円出品には当然リスクが付きまといます。思ったよりも注目が集まらず、1円の入札で終了してしまうこともあります。そのため事前の相場確認やどれぐらいの頻度で売れているか十分にリサーチする必要があります。いくら高値のレアな商品も1円出品をしたときに欲しい複数のヤフオクユーザーが居ないと結局1円で終了してしまいます。そのためにも事前の相場確認と欲しがっている人がどのくらいいるのか、十分に確認してから1円出品をしましょう。逆に言ってしまえば、リスクはそれだけになります。1円出品は慣れれば恩恵を多大に受ける出品方法と言えます。

ヤフオク1円出品のメリットを活かすために

では?実際に1円出品をやってみようと思っても『ただ1円にすればいいの?』と思うかもしれません。実際には念密な計算と戦略が必要になってきますので、その一部をご紹介いたします。

終了時間を考える

1円出品もオークション形式もそうですが、終了時間が非常に重要なカギになります。通常デフォルトでヤフオクの終了時間は22時(夜10時)となっております。普通の出品だったらそれでもいいかもしれません。特に即決は22時終了がベストな終了時間だと思います。人それぞれ意見が違うかもしれませんが、筆者はオークション形式、特に1円出品の場合は21時もしくは23時がベストだと考えます。どちらかと言うと23時がベストです。ではなぜ?デフォルトの22時終了より1時間早くもしくは1時間遅く終了するか?を説明いたしましょう。

通常22時前後に終了するのがデフォルトの設定となっています。通常の出品者も余程の理由が無い限りこの22時で終了する人が多数でしょう。ではヤフオクユーザーになったつもりで考えてみてください。欲しい商品が3つ有りどれも同じ日に22時に出品が終了してしまう、としましょう。そのうちの一つは貴方が出品した商品ですが、このユーザーは終了間近にあなたの商品以外の2つの入札に気を取られてしまい、もっと高値で入札しても良かったのに入札しそびれてしまいました。

上記の様に終了時間が被ると【せっかく1円出品で集めたヤフオクユーザー】をみすみす逃してしまうことがあるからです。また、曜日にも注意しましょう。通常の一般人が手の良く空いている曜日。すなわち土曜日か日曜日の夜に終了するのが1番終了間際に競ってくれやすくなります。

出品期間を考える

出品期間ですが、なるべく多くの人に見てもらうためにも期間は永い方が良いですが、どちらかと言うと、終了日時に合わせて期間を設定した方が見てくれる人が集まりやすいと思われます。ベストと思われるのは日曜日の夕方1円出品を開始して、6日後の土曜日23時に終了するのがベストだと思います。そのタイミングで出品が難しい場合は終了を土日どちらかの夜になるように設定して出品すればよいと思います。

注目のオークションの掛けどころ

1円出品で注目を集めて、さらにオプションの【注目のオークション】でヤフオクユーザーを集めましょう。しかし、仮に6日間かけるとそれだけで結構な費用になってしまいます。1円出品している時は入札が増えて価格が上がってくると、そこからは1円出品の効果が薄れて、【中だるみ】します。そこで終了間際の土日に絞って注目オークションを掛けると、最後の競り合いが激しくなりますので、【土日だけ掛ける】が注目のオークションの掛けどころになります。

ヤフオク1円出品のリスクを減らすために

とは言っても、やはり怖いのが【1円落札】されてしまう事です。本当の【骨折り損のくたびれ儲け】になってしまわないために、リスクを減らす方法とテクニックをご紹介いたします。

相場のリサーチを念入りに

ヤフオクの出品者には【オークション形式】を専門にやっている方が、必ずいます。相場を調べると必ず【オークション形式】で落札されている履歴が残っていることが多いです。(逆に残っていない物は1円出品を控えましょう。)いくらまでが相場なのかしっかり把握しておきましょう。勢いだけで1円出品を行うと、大抵痛い目をみます。

一度「即決」で出品する

筆者が良く使うテクニックです。1円出品をする前に相場より少し高く設定して【即決】で1日だけ出品して【注目のオークション】を掛けます。1日なので20円前後費用が掛かりますが、ここで必要なのは【ウォッチ】を沢山集めるためです。再出品をしても【ウォッチ】は落札されるまで継続します。即決を1日出して売れなかったら、その後1円出品をすると、通常0人からスタートが【ウォッチ】が付いた分だけアドバンテージが得られます。とても有効なテクニックですので処分品でも出品する前に一度【注目のオークション】で【ウォッチ】を集めてからにしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です