知らないとアカウント停止??メルカリ出品NG商品

ここでは、メルカリで出品できない商品をご紹介いたします。出品禁止商品を出品すると出品停止になります。最悪の場合アカウント停止になってしまいますので、十分ご注意下さい。

メルカリのNG1

メルカリ出品禁止商品

メルカリでは出品を禁止されている商品があります。出品禁止商品を出品していると、出品停止、最悪アカウント停止になってしまう可能性がありますので、十分に理解してから出品するようにしましょう。

出品禁止商品の一例

メルカリの規約に出品禁止商品の記載がありますが、「法令に違反する商品」など抽象的な表現となっているため、ここでは具体的な例を挙げながら見ていきます。

 法令に違反する商品

麻薬や危険ドラッグ、拳銃など法律で取引が禁止されているものが該当します。

 主として武器として使用される又はそのおそれのある目的を持つ商品ナイフやボウガンなど攻撃することを目的とするものが該当します。エアガンや木刀なども武器とみなされる可能性があるので基本的に出品しない方が無難でしょう。 他のユーザーの権利を侵害する又はそのおそれのある商品(偽ブランド品を含むがこれに限られないものとします)偽ブランド品やレプリカ商品、本物かどうかわからないブランド品などがこれに該当します。

勿論、本物かどうかわからないからと言って「ノーブランド」として出品するのもアウトです。著作権、商標権など他人の権利を侵害するものも該当します。具体的には海賊版DVDや許可なしに他人の絵をプリントしたTシャツなどです。

ただし2次創作物についてはメルカリの定める二次創作物のガイドラインに沿うものであれば出品することが可能です。メルカリで二次創作物の出品が認められている商標作品としては、スマートホン用アプリゲームのIngressと、小山宙也氏の漫画「宇宙兄弟」があります。

その他出品が禁止されている商品

犯罪等によって入手した商品

詐欺や恐喝などで手に入れた商品を販売してはなりません。

公序良俗に反する商品

アダルト関連の商品はもちろんのこと、レディース用の下着(中古・新品問わず)、メンズ・ベビー・キッズ用下着類(新品は出品可)、ブルマ・スクール水着類(中古・新品問わず)、クリーニングしていない中古の学生服や制服なども禁止されています。

債券、有価証券、保険等の金融商品

金券、割引券、優待券、クーポン、プリペイドカード等や現金(外貨含む)がこれに該当します。ビットコインやリップルなどの仮想通貨

以前はこの項目で禁止されていたチケットですが、チケットカテゴリの設置に伴い転売目的で得たチケット類に関してのみ出品禁止となっています。

一方でメルカリ上で多数取引されている図書カードやテレホンカードについては、実はメルカリ運営の判断上は出品禁止商品です。

人体・健康に影響を及ぼすおそれのある商品

剃刀の刃や放射性物質などいわゆる危険物が該当します。

コンピュータウィルスを含むデジタルコンテンツ

後述いたしますがデジタルコンテンツを含めて実体のない商品は今の段階では取引は禁止されていますので、ウィルスのありなしに関わらず出品できません。恐らく将来的にメルカリではデジタルコンテンツの取引をする予定があるのでこの一文を入れたのだと思われます。

許可が必要な出品

商品の販売の際に、法律上の許認可が必要な商品

たばこや医療品、コンタクトレンズや保健所許可や営業許可のない食品(包装や食品表示がされていないものも含む)がこれに該当します。その他にはサプリメント類や許認可のない一部の手作り品(コスメ、化粧品、石鹸、シャンプー、コンディショナー、乳液など)も該当します。化粧品などは自作ではなく一般に販売されているものであれば出品可能です。

出品が出来なそうで出来る商品

ここでは、禁止されていそうですが、禁止ではない出品物をご紹介いたします。禁止されていないとはいえ、少し間違えるとやはり出品停止、アカウント停止になりかねませんので十分注意してください。

お酒の販売

本来お酒を販売するには、酒類販売免許が必要ですがお酒は継続的に販売しなければ、免許が必要ではありません。もし、継続的に販売するのであれば必ず免許を取っておきましょう。

二次創作の販売

2016年6月よりフリマアプリメルカリにて、Niantec,Ink.が提供するオンラインゲーム「Ingress」の二次創作物の出品が正式に解禁されました。メルカリでは著作権を侵害する出品に関しては出品が禁止されているため、二次創作物の出品では東方プロジェクトのように公式に二次創作が認められているもの以外はそれまではありませんでした。

しかも制作側だけでなくメルカリ運営側から公式に許可が出るのもこれが初めてとなります。Ingressの二次創作物の出品に関しては一部他の出品物とは違う規約や手数料が課せられるためきちんと理解した上での出品が必要となってきます。通常商品の場合は商品代金の10%がメルカリでの販売手数料として徴収されます。

Ingressの二次創作商品の販売の場合にはこれに加えて権利料として商品代金の10%が追加で徴収されます。つまり合計で商品代金の20%が手数料として取られるわけです。ちなみに権利料はNiantec社に支払う代金となります。

宇宙兄弟

メルカリでの二次創作物の第二弾として人気漫画・アニメの宇宙兄弟が登場しました。出品のルールはIngressの場合とは異なっている点があり、大きな相違点としては「公式が画像素材を用意してくれている」「公式認定マークを入れる必要がある」といった点です。特に公式が素材を用意してくれている点はグッズを作る上でかなり便利でしょう。ただしここで用意されている素材以外の画像素材の使用は禁止されています。

つまり素材の中に好きなキャラクターがいないといった理由で、原作の漫画やアニメをコピーして使うといったことはできません。また公式認定のロゴを素材の使用の有無にかかわらず商品に添付する必要があります。素材についてもロゴについても宇宙兄弟の小山宙也さんのホームページよりダウンロードできます。販売手数料についてはIngressの場合と同じく10%がいつものメルカリの手数料に加算されて合計で20%となっています。

車やオートバイ

道路運送車両法上の所有者の変更登録が直ちにできないまたはそのおそれがある自動車およびオートバイ法律によって所有者の変更や登録がすぐにできない自動車、オートバイなどがこれに該当します。すぐに変更や登録ができる自動車やオートバイであれば出品しても問題ありません。

その他出品停止になる行為

先の記事でもご紹介しましたが、出品停止になるワードや禁止行為は出品停止になります。主に第3者の通報で出品停止になる事が多いようです。

擬似分割払い

一つの商品でありながら代金を複数に分割して出品された商品です。具体的にはある購入者がお金がなくて1万円の商品をすぐに買えないけど欲しいような場合に、1000円で出品して最初の1回の取引で商品を送り、後9回同じ商品を買ってもらい支払いのみの取引をするなど。禁止行為になっております。

不要なワードの羅列

出品物と関係ないキーワードの羅列は出品停止になるので、関係のないキーワードは使わないようにしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です