無料!Amazon・楽天・Yahoo価格比較ツール 価格なび(Chrome拡張機能)

賢く通販したい人のための価格比較ツール・サイトは幾つか存在するが、今回はその中の一つ、「価格なび」について説明する。

価格なびはパソコンで使う場合はChromeの拡張機能、スマホで使うならAndroidやiOS用のアプリが用意されている。

ここではChrome拡張機能の価格なびを紹介しよう

価格なび(Auto Price Checker)とは

価格なび(Auto Price Checker)は楽天・ヤフーショッピング・ヤフオク・Amazonを一度に検索して商品の価格を表示してくれるツール。

これがあれば、あなたはその中から1番やすいものを仕入れることができる。

たとえせどりをやってない人でも通販で買い物する時に便利だ。

 

インストール

Chromeウェブストアのページへ

スライド3

まずGoogleウェブストアのページ行く。こんなページ ↑↑↑

Googleの検索で「Chromeウェブストア」と検索すればヒットする。

 

価格なびを検索

Chromeウェブストアのページ左上の検索窓に「価格なび」と入力し、検索する。

すると以下のように検索結果が表示される。

スライド3

自動価格比較/ショッピング検索を選んで「+CHROMEに追加」をすればインストールはすぐできる。

もしインストール済みの場合は「+CHROMEに追加」のかわりに「☆評価する」のボタンになっている。

インストール完了後

スライド4

インストールが正常に済むと、Chromeのウインドウ右上の方にアイコンが並んでいる場所がある。

そのどこかに、新しいアイコンが入っているはずだ。

赤っぽいアイコンで、真ん中に¥の記号がついているのが価格なび(Auto Price Checker)だ。

使い方はいたってシンプル

直感的に入力すれば良い

スライド5

ブラウザの右上の価格なび(Auto Price Checker)アイコンを押すと、下のような画面が出てくる。

探したいものに合わせて検索条件を入力する。

(商品名・型番・ジャンル・除外ワード・価格・検索対象サイト・送料無料のみ探すかどうか)

必ずしも全部の項目を埋める必要はない。

検索結果

スライド6

条件を設定して検索すると、検索結果の商品がずらっと並ぶ。

図のように楽天からも、Yahooからも、Amazonからも探してきてくれるのがこのツールの特徴。

価格を安い順に並びかえたり、右側の緑色ボタンを押して、最新情報を確認することもできる。

送料もすぐ確認できるようになっているのが便利だ。

 

一歩踏み込んだ使い方

JANコード検索

スライド8

実際に検索してみるとすぐ気づくが、商品名を正しく入力して検索しても、類似の別商品がヒットする場合がある。

別商品は検索の邪魔になるので、狙った商品だけ表示させたいなら次のようにすれば良い。

並んだ商品の右側に「JANコード検索」というボタンがある。(そのボタンがないのもあるのが残念・・)

このボタンを押すだけで、同一商品だけがずらりと並ぶようになる。

 

値下げ通知メール

スライド9

もう一つ、JANコード検索の横に「値下げ通知メール」というボタンがある。

会員登録が必要にはなるが、値下げの際にメールで知らせてくれる。

どうしても気になる商品があるが、利幅が十分じゃないというものがあるなら、登録しておいても良いだろう。

 

まとめ

見てきたように「価格なび」というツールは、Amazon、Yahoo(ヤフオク含む)、楽天から商品価格をとってきてくれるツールだ。

手作業でできることだが、これをインストールしておけば作業は大分らくになる。

これがあるおかげでせどりが上手くいくかというと、そこまで強力なツールではないが、インストールしておいて損はない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です