失敗しないためのAmazon販売価格の設定方法と注意するポイント

Amazonマーケットプレイスで商品を出品する場合、必ず商品を幾らで販売しようか悩みます。価格を安く出品すれば当然売れやすいですがその半面、利益が少なくなります。また高く販売すれば売れないリスクがあります。ここではAmazonマーケットプレイスで販売する商品の適正価格をお伝えします。

販売価格で絶対的に基準となる価格

下記はAmazonのある商品の販売価格の一覧です。もし、あなたが新品商品を販売するなら幾らで同じ商品を販売しますか。ここには絶対的に基準となる目印があります。どれだか分かりますか?

Amazon販売価格

正解はこちらです。下記の赤丸で囲ってある「amazon.co.jp」のロゴです。出品者は同じ販売コンディションであれば、基本的にはAmazonと同額かもしくは価格を下げて販売します。何故、Amazonと同額かもしくは価格を下げて販売値段設定をするかと言うと幾つかポイントがありますが、1つに絶対的なブランド力があります。

Amazon販売価格ポイント

想像してみて下さい。Amazonのサイトの中で誰も知らない販売業者から貴方はAmazonより高く買いますか??全く同じ商品で同じコンディションなら普通は買わないと思います。購入者は同じ条件なら普通は信用のあるAmazonから商品を購入します。我々が買って貰えるのはAmazonより1円でも安ければ初めて購入検討をして貰えます。よってAmazonの販売価格を基準に同額もしくは幾ら値下げして販売するかが基本戦略となります。

Amazon販売時の値段設定

Amazonが商品を販売している場合は出品者は同額もしくは値下げを検討しますが、値下げの場合は幾らが良いと思いますか?正解は他の出品者と合わせるのが良いでしょう。Amazon販売価格より次に安い出品者と合わせましょう。例えば下記のケースであれば2番目の出品者の19,300円が良いと思います。

2番目の出品者

自己配送とFBAを意識して販売価格を決める

出品者は販売商品を購入者へ発送する場合にAmazonの指定倉庫を経由して購入者へ送付するケース(通称、FBA)と自宅から商品を送付するケース(通称、自己配送)があります。一見すると送付方法の違いだけにしか思えませんが、この違いが大きく販売価格へ影響します。先ず以下の法則が成り立ちます。

FBA > 自己配送

これは、販売価格を決める際の考え方です。基本的に自己配送よりFBAを利用し販売した方が高く売れます。FBAの場合はAmazonへ商品を納品しています。それにより購入者はAmazonから送付される為に安心と信用が生まれ高く販売出来ます。

AmazonFBAのマーク

※上記の赤丸がFBAの出品者となります。

あなたが上記の商品をFBAで出品(販売)するなら販売価格は19,300円となり自己配送で出品(販売)するなら販売価格は18,500円となります。

コンディションを意識する

商品を販売する際には商品コンディションを意識して販売価格を決めましょう。アマゾンの場合は以下の商品コンディションがあります。

・新品

・中古- ほぼ新品
・中古- 非常に良い
・中古- 良い
・中古- 可

・コレクター商品- ほぼ新品
・コレクター商品- 非常に良い
・コレクター商品- 良い
・コレクター商品- 可

販売価格の高い順だと以下の通りの商品コンディションとなります。基本的な考え方は商品コンディションに該当する販売価格帯の設定をします。

新品>ほぼ新品>非常に良い>良い>可

またコレクター商品は中古や新品より高く取引されるケースもあり、希少価値の高い商品でしたら自由価格で販売するのも一案です。

モノレートを利用して過去の販売価格を真似る

モノレートとはAmazonの出品者数をグラフにした統計サイトです。出品者の増減や最低販売価格やAmazonランキングが一目で分かるサイトです。下記の検索窓へ商品タイトルやJANコード、ASINコードなどを入力し商品のランキングや価格を確認します。

・参考 モノレート

モノレートトップページ

例えばAと言う商品がAmazonで出品者0人だったとします。Aの商品を出品しようとしたら幾らで販売価格を設定しますか?そんな時はものレートから過去に売れた価格から販売価格が推測できます。

モノレート出品者増減表

※緑色の「0」と書いてあるのが新品の出品者です。赤く「10~17」と書いてあるのが中古の出品者です。

もし新品でAと言う商品を販売しようとしたら過去に新品で販売していた価格を参考にすると良いです。

モノレート新品相場

上記の2つ赤丸のうち左側は「1から0」へ減っている事が分かります。これは新品でAと言う商品が1つ減った(出品者が減った)事を示します。ランキングの状況を考えても商品が売れたと判断するのが自然です。纏めると8000円の商品が1つ売れた事が推測できます。

よってAと言う商品が仮に新品出品者0人の場合は過去に8000円で売れた実績から8000円前後を参考に販売価格を決めると良いでしょう。

初心者が注意するポイント

初心者が注意するポイントに思い入れがあります。商品に対して個人的な感情が強ければ強いほど初心者は失敗します。例えばAと言う商品を苦労して苦労して8000円で見つけたとします。苦労して見つけたからツイツイ世の中では希少価値の高い商品だと思いがちですが、全く関係ありません。初心者の思い入れ程、参考になりません。モノレートや他の出品者の価格と合わせてその時の適材価格で販売しましょう。

感情が入れば入るほど高く売りたい気持ちは分かりますが、冷静に他の出品者や過去の傾向から判断しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です