脱初心者。アマゾン商品説明で大切なポイント

売り上げに大きく左右される一つの中に、出品コメント(商品説明)があります。ここのポイントをしっかり押さえておくと、競合より高値で売れたり早く売れたりしますので出品コメントのポイントをご紹介いたします。

商品の状態

商品の状態についての記入について説明いたします。それぞれのコンディションにそった商品説明の参考にしていただければと思います。

商品説明

新品のコンディションについて

新品は新品の状態を記入すれば十分です。その他に付属の物があればそれらも記入致しましょう。また、未開封状態もお伝えしてあげるとより安心感が増えます。未使用品と記載するより未開封品と記載した方がベターです。

 

中古のコンディションについて

中古に関しましては、以下の状態があります。

 

ほぼ新品

非常に良い

良い

 

順に説明致します。まず『ほぼ新品』は未使用ですが商品を覆うフィルムが破れていたり、日焼けにより一部色褪せていたりした場合に使用します。写真をのせる事も出来ますので、商品の日焼け部分やフィルムの破けている部分をアップにして撮影すると、より商品の状態を購入希望者に伝えることができます。

 

次に『非常に良い』ですが、一度使用されている状態にもかかわらずパッケージや商品事態が綺麗な状態の時に使用します。ブックレットや説明書等、付属品が欠品無く付いている商品です。欠品しているけど商品が綺麗な状態の場合は『良い』の方で出品しましょう。『非常に良い』と『良い』のニュアンスは出品する人により様々ですが、一番大切なのは『自分が購入した時に、そのコンディション説明で納得出来るか?』です。購入者の事を一番に考え、

悪い評価や返品にならないようにしましょう。

 

上記でも少し触れた『良い』ですが、基本的に筆者はあまり使いません。何故ならば『良い』程度の状態の商品は基本的には『仕入れない』からです。もちろん十分に利益の取れる商品でしたら仕入れて良いですが、競合に『非常に良い』がいた場合、売れる速度は格段に下がるからです。キャッシュフローの悪さから言っても仕入れの時点で『良い』程度のコンディションなら、まず仕入れない事をお勧めします。

 

』での出品ですが、まずないと思われます。商品の状態ですが再生できるDVDやCDのディスクのみや、本の場合は汚れや破れ・書き込みがある場合に使用します。また、レンタル品の中古販売も『可』でないと出品できないので注意してください。もちろん『可』が絶対売れない事はありません。販売戦略的に十分利益がでて、キャッシュフローに影響がなければ取り扱っても問題ありません。ただコンディション説明には細心の注意が必要です。

 

 

コレクター商品について

コレクター商品は、通常の商品と違う状態のときに使用します。例えば、通常の商品に作者や出演者のサインが入っているもの、これは逆に通常の値段で売るより希少価値がある場合が多いですのでその時にコレクター商品にて登録をします。コレクターも『ほぼ新品』『非常に良い』『良い』『可』がありますので、それぞれのコンディションにて出品しましょう。

コレクター商品に関しては商品画像を撮影し合わせてアップロードするとより、購入率が上がります。手間が増えますが、地道な努力で高値で売れる可能性があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です