初心者も5分で出来るAmazonマーケットプレイスの出品方法

Amazon出品サービスはHTMLなど専門知識がなくてもその日から簡単に始められます。また、集客、マーケティング、購入者からの代金回収はAmazonが行うため最小限の手間で販売できます。出品したい商品が既にAmazonにある場合は

価格と在庫数など基本情報の入力のみで販売が開始されましAmazonにない商品でも、HTMLなど専門知識不要で簡単に商品ページができます。また、それ以外に受注・購入者への注文確認メールの送信はAmazonが対応します。出品者様は購入者に商品を出荷して、出荷通知をAmazonに送信するだけで作業が完了します。

商品の検索

Amazonへ商品を出品する場合には2ステップあります。1つ目に「商品の検索」そして2つ目に「出品情報」を入力しAmazonマーケットプレイスへ出品します。また、「商品の検索」方法はAmazon sellercentral画面からの検索とAmazon.co.jp画面からの検索の2通りの方法があります。どちらの方法から商品検索をしても問題ありませんが、念の為2通りご紹介します。

Amazon sellercentral画面から検索

(1)Amazonセラーセントラルにログインをして、ホーム画面左上の在庫管理にカーソルを合わせると「在庫」の一覧が出てきます。その一覧の中に「商品登録」をクリックします。

Amazonセラーセントラル画面

Amazonセラーセントラル画面

(2)商品検索画面になりますので、検索欄に「EAN(JAN)コード」または「商品名」を入力し「検索」ボタンをクリックします。商品名で出てこない場合は商品名を曖昧にして再度打ち直してみてください。また、タイトルに間違いが無いか今一度確認もしてみましょう。

Amazonセラーセントラル画面

※注意

商品を検索する際には幾つかポイントが有ります。商品名は完璧に入力せず曖昧に検索下さい。例えば○○と言う商品の「完全初回受注生産限定版」が有ったとします。この場合は○○と限定版の2つのキーワードで探しましょう。「完全初回受注生産限定版」まで入力して検索する必要は有りません。

また商品名やJANコード(EANコード)を入力しても対象の商品が出ない事があります。特に注意したいのがJANコード(EANコード)が通常版と初回限定版が同じケースです。良くあるのが歌手のaikoさんのCDなどは通常版と初回限定版のJANコード(EANコード)が同じアルバムが多いです。ご自身が出品しようとしている商品が検索結果から相違が無いか必ず確認し選択して下さい。

 

(3)検索結果より出品する商品を確認し問題ないようでしたら「出品する」ボタンをクリックする。

出品するボタン

Amazon.co.jpサイトから検索

(1)Amazonへアクセスし検索欄に「EAN(JAN)コード」または「商品名」を入力し検索ボタンをクリックする。

Amazon.co.jpサイトから検索

Amazon.co.jpサイトから検索

※今回はサンプルとしてカテゴリをミュージックとして検索キーワードを「aiko まとめ Ⅰ」としております。

(3)検索結果より対象の商品をクリックします。

「aiko まとめ Ⅰ」の検索結果画面

※商品タイトルやJANコード(EANコード)を入力しても初回版と通常版や並行輸入品など様々な商品が検索結果で表示が出ます。出品物は選び間違えないようにご注意下さい。

(4)画面右下の「マーケットプレイスに出品する」ボタンをクリックし出品作業を行います。

「aiko まとめ Ⅰ」の検索結果画面

出品情報(簡易版)

Amazonの商品の出品はAmazonのセラーセントラルから商品検索し出品する場合と、Amazon.co.jpから商品を検索し出品する場合は画面推移が一部異なります。今回はAmazonのセラーセントラルから商品検索して出品する場合をご案内します。

出品画面比較

※参考情報

上記画像は左がAmazonのセラーセントラルから商品検索し出品する場合で右がAmazon.co.jpから商品を検索し出品した場合となります。同じAmazonからの出品になりますが現時点(2017/5/25)では差異があります。今回は以下の画像の簡易版の出品情報の項目をこの後ご案内します。

出品情報簡易版

出品者SKU

出品者SKUとは出品者が独自で商品ごとに採番(入力)できる番号です。1商品に付き1つ採番(入力)出来ます。入力形態は英数記号を混在で入力できます。出品者SKUはAmazonで商品を出品する場合は必須事項では有りませんが商品管理の為に多くの出品者は入力し活用しています。例えば2017年5月25日に商品を出品したとすれば

20170525-001

と入力し管理する方もいます。また、仕入れ値を2000円で購入したとすれば

20170525-2000-001

と記載して管理する方もいます。出品者SKUに関してはまた、出品者のみが分かるマイルールで良いと思います。ご自身のルールを下に管理してみてください。

参考

意外と重要!Amazonの出品者SKUの考え方

販売価格

出品する商品に対して幾らで販売するかを入力します。基本的には任意で入力できますが、他の出品者と極端に価格の差があるとAmazonより警告が出て修正するようになります。他の出品者と同じ販売価格とする事をお薦めします。

参考:下記は出品後に事例ですが、販売価格設定が高すぎて商品が出品停止となりました。販売価格の相場が1000円前後のため、一人だけ4350円とか設定すると出品が停止されます。

有効な出品情報がないFBA在庫

また、1つ注意点ですが単独最安値で販売価格を設定すると売れやすい事は事実ですが結果的に販売相場を壊して値下げ合戦へ繋がります。目先の利益に囚われないで全体の相場で物事を見ると良いと思います。せどり(転売)は基本的に繰り返し売る商売なので、せめて同率最安値ぐらいで価格と設定すると良いと思います。

在庫

販売する商品の在庫数です。販売個数と実在個数は一致しないと商品が売れた時に実在庫がないと大きな問題となりますので、慎重に入力下さい。また多数、在庫を持っている場合はお持ちの在庫分だけ入力する事も可能ですが出品すると商品購入希望者や同業者(せどりや転売を行う方)へ在庫数が分かってしまいます。

沢山在庫を保有している事を知らせたく無い場合は少しづつ出品し再出品を繰り返してください。

コンディション

「新品」、「ほぼ新品」、「非常に良い」、「良い」、「可」の他に「コレクター商品」があります。こちらのコレクター商品は通常の商品と中身が一緒だが、パッケージが限定版のように通常とは異なる商品を出品したいときに選択します。

ご自身の出品する商品が何処コンディションに該当するかはAmazonの規約に基づき選択します。ガイドラインに基づきコンディションを選択しないと規約違反となります。

参考 

Amazonコンディション ガイドライン

Amazonガイドラインからの出品コンディションを確認

3分で理解できるAmazonコンディションの考え方

出品情報(詳細版)

出品情報画面の右上に詳細ボタンがあります。ボタンをクリックすると簡易版の出品情報と詳細版の出品情報へ切り替える事が可能です。ここでは詳細版の出品項目について説明してみたいと思います。

出品詳細

ポイント

ポイントとはAmazon独自の行っているポイントサービス(以下、Amazonポイント)の事です。Amazonポイントを付与するかしないかは出品者の判断となります。Amazonポイントを商品へ付与すれば販売促進効果として期待できますがポイント分の利益は下がります。ポイントの付与に関しては意見が分かれますが、個人的には付与しておりません。独自見解となりますが、浸透度が低い事と利益縮小に繋がりますので今の所、私は行っておりません。

※参考

Amazonポイントは、対象商品のご注文時に貯まり、貯まったポイントはAmazon.co.jp でのお買い物に1ポイント=1円分としてお使いいただけます。なお、Amazonポイントは、1回のご注文につき10万ポイントまで使うことができます。10万ポイント以上お持ちの場合、残りのポイントはアカウントの残高に残ります。Amazonポイントは、Amazonギフト券、Amazonコイン、およびデジタルコンテンツ商品(Kindle本を除く)のお支払いにはご利用いただけません。

コンディション説明

出品する商品に対しての商品説明となります。私は新品商品でも中古商品でも必ずコンディション説明は入力するようにしています。持論ですが購入希望者は商品を購入する際に以下の4点を確認していると思います。

・価格

・商品コンディション(中古 or 新品)

・商品説明(コンディション説明)

・店舗の評価数

出品者によっては商品説明(コンディション説明)を省略する方も居ますが、一言でも良いので記入した方が安心感が生まれます。例えば新品商品であってもワザと「新品未開封品です。商品在庫はありますので、安心してご購入頂けます」とか「中古品では有りますが目で確認する限り傷は見当たりません。迅速丁寧に発送します。」とか購入者へ安心感を与える説明が良いでしょう。

上記の4点のポイントは当たり前の事ですが意外と認識をしていない方がいますのでご承知おき下さい。

支払い方法のオプション

商品ごとに支払い方法選択できます。通常はコンビニ決済と代金引換がデフォルトでチェックが入っております。設定を変更すると代金引換は全て対応しない事も出来ます。どちらもチェックを入れると購入率が上がります。

以前、自己配送で同一商品を100個販売した時に代金引換のお客さんが何割ぐらいいるか集計したら約3割が代金引換を利用していました。代金引換は郵送時に手間は掛かりますが購入者目線で見ると必要とされています。

あとがき

必要な出品情報を入力するしたら「保存して終了」ボタンをクリック下さい。これで商品が出品できます。後は売れるのを待つだけです。1度出品すると商品コンディションは変更出来ませんが在庫数や価格など変更も後ほど出来ます。

慣れれば簡単に出来る作業なので早速、今日からお試し下さい。

アマゾン出品情報保存

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です