5分でわかるAmazonマーケットプレイス特徴

せどり(転売)初心者でも理解出来るように簡潔にAmazonマーケットプレイスの特徴をご紹介いたします。特徴を知る事はAmazon販売者として第一歩となります。販路の一つとしてAmazonマーケットプレイスの特徴をつかみ、Amazonマーケットプレイスを上手く使いこなせば大きな利益が望めます。初心者でもこれだけは知っておきたい特徴と分かりにくいAmazon手数料について事例を挙げてご紹介します。

Amazonマーケットプレイスとは

Amazon出品サービス画像

Amazonのサイト(売り場)では自社が販売する商品とAmazon以外の販売者が出品を行い販売している商品があります。Amazon以外の販売者(出品者)が安心して購入者売買できる場所を「Amazonマーケットプレイス」と呼称しています。例外なく全ての方が(個人、法人問わず)Amazonマーケットプレイスへの出品することとなります。

小口出品と大口出品の違い

小口出品と大口出品の違いダンボーくん画像

Amazonマーケットプレイスでは小口出品と大口出品の2種類が有ります。双方にメリットが有りますので初心者の方は特徴を把握し選択下さい。
尚、経験則からお伝えするとAmazonマーケットプレイスで本気で商売するなら大口出品を私はお薦めします。

小口出品(個人出品者)

Amazonマーケットプレイスを経験してみたい方や小規模で販売を希望の方にお薦めです。私もAmazonマーケットプレイスをスタートした最初の1ヶ月は小口出品始めて2ヶ月目で大口出品へ切り替えました。小口出品の場合は月額費用が発生しない事が最大のメリットです。

大口出品(プロマーチャント)

大口出品の登録料は、月額4,900円掛かりますがメリットが多数有ります。

一括出品ファイルの利用、取引情報のダウンロード、AmazonマーケットプレイスWebサービス(Amazon MWS)などが有りますが、何と言っても基本成約料が無料となります。我々は商品が1件売れるとAmazonへ手数料をお支払いします。Amazonへお支払いする一部の手数料(基本成約料100円)が免除されます。

よって、月額4900円お支払いしますが、1ヶ月に商品を49個売れば元が取れる計算となります。

結局、大口出品と小口出品どっちが良いの?

大口出品と小口出品はどっちが良いの画像
初心者の方は大口出品のメリットは十分に理解出来ますが「月額4900円」を払う事に躊躇っていると思います。

まだ、何も稼いでいない状態で固定費で4900円も毎月掛かるのは、本当に痛手だと思います。メリットよりも4900円を回収できるか心の不安の方が大きいかと思います。ただ良く考えて下さい。ネットビジネスをするのに、我々は電気代やプロバイダー代金や作業する場所代(家賃)を払ってビジネスを始めています。

全て自宅作業すれば見た目、無料ですが本当は費用が発生しています。ビジネスを始める場合は有る程度、費用が発生する事を理解し必要経費だと考えておく方が良いでしょう。

月に49個以上販売すれば、損は有りません。それどころか、時間短縮できるメリットが多数あります。ある程度の金額をAmazonマーケットプレイスで稼いでいる方は、小口出品でビジネスをしている方は聞いた事がありません。この辺りを含めながら、大口出品と小口出品を選ばれると良いと思います。

追記:

大口出品は初月無料で利用できます。Amazonマーケットプレイスでの商売が1ヶ月行って、難しいと判断なら1ヶ月で撤退すれば、痛手は少ないと思います。

Amazonマーケットプレイスへの利用料金は?
手数料の画像
Amazonマーケットプレイスへの出品時の登録料金は無料となります。
出品された商品が売れた時のみ手数料が請求されます。

大口出品サービスの料金プラン

大口出品サービスで発生する費用は、月額4,900円の登録料と、注文の成約時にかか
る販売手数料です。
販売する商品のカテゴリーが本・ミュージック・ビデオ・DVDの場合、注文成約時に販売手数料とカテゴリー成約料がかかります。

例1) 本、ミュージック、ビデオ・DVD以外の商品を販売した場合

10,000円のカメラ(送料500円)を1か月に100点販売した場合 (売上は1,050,000円)の費用:

  4,900円(月間登録料)
+80,000円(10,000円×100点×8%の販売手数料)
+4,000円(500円×100点×8%の販売手数料)
=88,900円 (費用の合計)

例2) 本、ミュージック、ビデオ・DVDを販売した場合

1,000円の本を1か月に100点販売し、国内へ発送した場合(売上は100,000円)の費用:

  4,900円(月間登録料)
+15,000円(1,000円×100点×15%の販売手数料)
+6,000円(国内へ発送する場合のカテゴリー成約料60円×100点)
=25,900円(費用の合計)

小口出品サービスの料金プラン

小口出品サービスで発生する費用は、注文成約時に商品1点ごとに100円かかる基本成約料と、注文の成約時にかかる販売手数料です。

大口出品を事例にお伝えすると以下のとおりです。

例1) 本、ミュージック、ビデオ・DVD以外の商品を販売した場合

10,000円のカメラ(送料500円)を1か月に100点販売した場合 (売上は1,050,000円)の費用:

  10,000円(100円×100点 基本成約料)
+80,000円(10,000円×100点×8%の販売手数料)
+4,000円(500円×100点×8%の販売手数料)
=94,000円 (費用の合計)

その他

Amazonマーケットプレイスでは上記以外に「カタログ」と呼ばれる商品リストや「Amazonランキング」また配送代行を行う「FBA(フルフィレメントby Amazon)」などが利用できます。商品をAmazonの専用倉庫へ配送し保管します。商品はAmazonの専用倉庫からAmazonの提携配送業者を使って発送することが出来ます。細かい特徴に関しては後ほどご紹介します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です